飲む

【試飲レビュー】太平海 純米おりがらみ 本生

太平海 純米おりがらみ

こんばんは!
定休日明けのドタバタで、気が付いたら夜になってました…

どうも、四代目 土井優慶です

月曜の夜、ちょっぴり遅い時間に帰宅したら、妻も娘もすでに就寝中…
コソコソ物音立てずに、利き酒したのはコチラ!

レトロなラベルだけど…

太平海 純米おりがらみ

茨城県 府中誉 『太平海 純米 おりがらみ 本生』

ラベルは地味だが、酒はめちゃウマ!!
ホントね、ラベル次第では間違いなく人気酒になるんだけど…

この蔵から発売される限定品は…いつも酒屋同士で奪い合い!!

極端に大量に造らない蔵だから、酒屋さんの希望数量も大体削られちゃう…(涙)

でも、それっくらい美味しいお酒が多いのです

ちなみに府中誉さんでは『太平海』『渡舟』という2種類のお酒のブランドを造っております

特に『渡舟(わたりふね)』は当時絶滅寸前だった”短稈渡舟(たんかんわたりふね)”という酒米を使ったことで有名になりました

今日はその『太平海』の春の限定品…ってわけです

早速飲んでみましょうか!!

シュワッとして、じわーん

香りの話をする前に…

スパークリングではないけれど、結構ガス圧強め!
栓を覆っているアルミカバーを外すときは、念のため栓を抑えた方がいいかも…

香りは…梨のようなジューシー&瑞々しい香り

んー、香りをかぐためにグラスを鼻に近づけたら…プチプチ弾けるしぶき(笑)

口に含んでみると…

シュワっと!!むしろジュワっと!!やっぱりガスの爽快感が、すごい!!

爽快感に気を取られがちなんだけど、そのあとに「じわーん」って旨さが押し寄せる

派手じゃないんだけど…

むしろ地味なんだけど、それがいい!!

オリがらみだから、さっきの爽やかさにシルキーな舌触りがプラス
ちょっぴり苦い余韻もなんだかクセになりそう

オリがお酒に絡んで口に入ると、ふっくらじんわり、旨さが染み渡る

あー、いい酒だ、こりゃ(笑)

まさかの相性!

グリコ 『コメッコ ホタテ味』!!

帰宅したら、居間のテーブルの上に放置されていた我が娘のお菓子(笑)
出来心から、ちょっとお酒と合わせてみましたが…

やめられない止まらない~!

コメッコのホタテ味は醤油ベースの味付け+ホタテの貝柱の風味

『太平海』のマイルドな旨さと苦み
『コメッコ』のホタテ特有のエキス

ヤバ旨な組み合わせになってしまった!

気が付くと、中身がすっからかんになってしまったようだ
明日はおとなしく娘に怒られるとしよう…

まとめ

『太平海』『渡舟』を醸す山内氏のもとには、彼の熱心な姿勢に打たれて、自社で応用できるヒントを探しに来る同業の蔵元も多いそう

業界で話題の「窒素充填機」もいち早く導入し、その視察に来た酒蔵でも導入が決まったり…どこかは言えませんけどね(笑)

※窒素充填機は、瓶詰め時に生じるわずかな空気を窒素に置き換え、お酒の酸化を防ぐ”超高額”な装置…

それくらい研究熱心な杜氏のもとで造られた『太平海』だから

地味な味わいでも、古臭さはまったくない!

むしろ身体にじわーんと染み入り、疲れを芯からほぐしてくれるような味わいが魅力

この「おりがらみ本生」には、春の山菜のソテーやお浸し、天ぷら、開きホッケ、ツブ貝の炭火焼き…

山の幸・海の幸問わず相性が良さそうな予感がします

ホタテのバター醤油焼きもピッタリですよ、きっと(笑)

僕は”炉端焼き”のお店で、しっぽりやりたいです!!

料理とお酒を合わせて、明日への生きる活力がみなぎってくるような美酒でした^^

名称太平海 純米 おりがらみ 本生
読み方たいへいかい じゅんまい おりがらみ ほんなま
製造元府中誉 株式会社
産地茨城県 石岡市
原料五百万石
精米歩合55%
アルコール度数15%
日本酒度非公開
価格(税込)1800ml 3,025円 / 720ml 1,507円       ※弊社販売価格